高度な専門知識

日本の職業には、国家資格が必要な職業が存在します。
国家資格が必要な職業を例えてみると、弁護士、税理士、司法書士、救命救命士、代議士、医師等が挙げられます。
そして、こういった専門的資格職業を「士業」とも呼びます。

士業の中でも、主要なものが8士業と呼ばれています。
8士業は、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士、海事代理士です。
今回はこの士業の中でも、税理士、弁護士、司法書士について触れていきます。

税理士の主な仕事は、中小企業や個人といった国民の税金に関わりサポートをする事です。
税金の法律は、知識の無い一般人からすると凄く複雑だと感じます。
その為、税金のプロである税理士が必要なのです。

弁護士は、一言でいうならば法律の専門家です。
法律の専門家として基本的人権を守り、社会正義の実現を目指す事が仕事になります。
弁護士は主に民事事件を扱っており、刑事事件も扱うのです。
民事事件と刑事事件については、後ほどご紹介をします。

司法書士は企業や個人からの依頼により、法律に関する書類の作成や法律上の手続きを代行する仕事です。
司法書士という言葉に含まれる「書士」は、書類作成の専門家という意味が込められています。
正にその意味の通りで、司法書士の主な仕事内容は法律関係の書類作成です。

オススメリンク

東京で司法書士を探しているなら|相澤司法書士事務所

archive
category
  • カテゴリーなし